about wool | Tsugime Tools Store

2019/07/16 17:39



こんにちは〜



今日はウールのことを・・・・

皆さんはウールと聞くと、どんなことが思い浮かびますか?

私は、セーター、マフラー、ツイードジャケット、暖かい、冬、羊、etc.

皆さんもこんなところが、思い浮かぶんじゃないでしょうか。

やはり、衣服の素材というのが一番強いかと思います。

その中でも、暖かい素材というのは誰もがイメージするところでしょう。

私も少し前まではそこが一番イメージが強かったですね。

さすがに、このブランドを立ち上げてからは違いますよ。

今は、皆さんにいかにウールの良さを伝えられるか、四苦八苦しております。


とりあえず、ウールの機能性についてお話しさせて頂こうかと思います。

ウールは、天然の機能素材と言われています。

今ある機能素材(化繊など)が有する機能性というのは、ほぼ兼ね備えています。

それでは、どんな機能性があるか順番に見ていきましょう。


(1)保温性

こちらは、先ほども述べたように一般的に知られている機能だと思います。

なぜ暖かいか??

一つは、ウールの繊維には、クリンプと呼ばれる縮れがあり、そこにたくさんの空気を含みつつ毛が絡み合っております。

そのクリンプのおかげで、断熱性の高い空気を含みやすく、保温効果が高くなっています。

冬場は熱を逃がさず、暖かさをキープしてくれます。

だから、山などでのアウトドアシーンでは、ベースレイヤーなどレイヤリングウェアとして重宝されます。

合わせて、湿気を吸収すると「吸着熱」と呼ばれる熱を発生し、保温性を高めており、

その際に発生される熱は、他の繊維よりも圧倒的に高いのです。

そしてその反面、高い断熱性のおかげで、夏場は暑い外気の侵入を防いでくれます。


(2)吸湿性

ウールの表面はスケールというウロコ状のもので覆われています。

このスケールで覆われた表面は、水を弾く特性を持ち、反面内部は湿気をたっぷり吸収する特性を持っています。

スケールは、湿度が高くなると開く特性を持ち、汗をかくと開いたスケールの隙間から、水分がウール内部に吸収されます。

そして、水分を内部に吸収しても、表面は水を弾くため、肌触りはドライなままというわけです。

ウールの吸湿性は、通常の状態で綿の2倍、ポリエステルの40倍になります。

化学繊維を用いた素材は、吸収した水分を急速に蒸発させるため、気化熱により体温を奪うこともありますが、

ウールは吸収された水分をゆっくりと蒸発させるため、汗冷えするのを抑えてくれます。

こちらは、双方メリット・デメリットはあるかと思います。


(3)防臭・抗菌機能

人間や動物の皮膚は、ウィルスや細菌に対する免疫機能が備わっています。

ウール自体は元々羊の皮膚の組織が変化して生まれたものなので、羊を守るべく天然の免疫機能が備わっています。

抗菌機能があるおかげで、匂いの発生も抑え、汗臭くなりにくいようになっています。

臭いに関しては、自分で洗濯せずに3日間ほど着用し続けて、家族に臭いを確認してもらいましたが、臭くならなかったです。


(3)汚れにくい

表面が水を弾くため、泥汚れなどの水溶性の汚れがつきにくい。


(4)燃えにくい

燃えにくく、火源を取り除けば少しくすぶるだけで、自然に消火します。

燃えても煙も少なく、有毒物質の発生もなく安心です。

安全が最優先な飛行機内部などにも多く使われています。


その他には、伸縮性に富んでいたり、弾力性もあるので型崩れしにくい素材です。

ウールは天然のタンパク質でできているため、土壌中の微生物が分解し土にも還ります。


これだけ、メリットを羅列すると、ウールがどれだけ優れた素材なのかお分かり頂けると思います。


しかしながら、やはりデメリットも存在します。

耐久性などを考えると、デリケートな部分はあるかと思います。

ウールの表面はウロコ状になっているため、繊維同士が絡み合いやすく、毛玉などができやすいです。

洗濯の際など、水につけると縮む特性を持ち、フェルト状になっていまします。

ですので、弊社でもウール素材を扱うときは、なるべく防縮加工がされたウォッシャブルウールを使うようにしています。

それでも、最初の洗濯時には数センチほど縮みますからね。(なかなかサイズだしに困ります・・・・)

厳密に言うと、洗濯をしていくと少しづつは縮んでいってるんです。

あとは、虫食いですかね・・・・どうやら虫は高額なものから食べるようです・・・・・

デメリットを見ると、ケアが少しばかり重要なのがわかります。

コットン製品のようなラフさはないですね。

なんでもそうですが、メリット・デメリットはあるので、それをしっかりお伝えして、その上で選択してもらえればと思っています。

ウール自体はものすごく優れた素材で、快適な着心地を約束してくれますが、

(ケアが少し面倒臭い・・・・)(表現がワルい・・・・な)

ケアに少々手の掛かる子ではあります。

私自身も非常に面倒臭がりで、いろいろとケアというものは怠るほうです。

なので、結構ラフに扱っています。(耐久性のテスト的なことも兼ねてですけどね)

コチラが約1年間着用して、ガシガシ洗濯もしていたものになります。↓↓↓



少々の毛玉・毛羽立ちはありますね。ラフに扱うとこんな感じになります、ご参考下さい。


洗濯表示がありますので、それに従ってもらうことが間違いはありませんが、少々の手抜きはいけるかと思います。

当然、何回も洗濯していくうちにヨレてはきますが、ガシガシ洗濯しても上の画像の程度ではあります。(*個体差あり)

ただし、デリケートなものであることは間違い無いので、ネットに入れて、乾燥機を避けることをオススメします。

何事も大事に扱ってあげることが大切ですね。

ウール製品は、決して安い買い物ではございませんが、その対価に相応するいいモノであることは間違いありません。

ウールの機能性は優れています、オールシーズン通して快適な着心地をお約束できます。

是非、アクティブなシーンでウールを使ってみて下さい。

ウールの虜になりますよー!っていうか、なって下さい!!🙇‍♂️


それではまた。


TR/EQ amt2